2016年4月4日月曜日

ワタミは1億円超・・・相次ぐ“懲罰的”高額損害賠償の衝撃


1: 海江田三郎 ★ 2016/04/03(日) 09:34:56.16 ID:CAP_USER.net
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160330-OYT8T50019.html

 ワタミ1億3000万円、アデランス1300万円……。最近、企業が支払う高額慰謝料をめぐる報道が相次いで、世間を驚かせた。確かに、この二つの和解をめぐる額は、これまでの慰謝料の常識を塗り替える数字となるかもしれない。事件の内容はまったく異なるが、そこには共通の背景が見えてくる。

 ワタミの方は、居酒屋チェーン「和民」で入社2か月の女性正社員が過労自殺したという事件である。いわゆる“ブラック企業”的とも指摘される、ワタミの過酷な働かせ方が問題になった。

 すでに過重な業務であったことは労働災害としても認定されたことで明らかだが、ワタミ側は非を認めなかった。そこで、ワタミ側を相手に両親が損害賠償訴訟を起こし、昨年12月8日、裁判所の提案を受け、ワタミ側が全面的に事実を認めて、謝罪するという形での和解が成立した。その結果、支払われた和解金が約1億3000万円ということである。

 アデランスの方の経緯はこうだ。かつら業界大手、アデランスの兵庫県内の店舗に勤務していた元従業員の女性が、男性上司からセクハラを受けて心的外傷後ストレス障害(PTSD)となり、退職せざるを得なかったとして損害賠償を求めたものである。

 こちらは一昨年の11月28日、大阪地裁でやはり和解が成立し、アデランス側が1300万円の支払いをした。

 ワタミは死者を出した事件であり、アデランスは当事者がセクハラを受けてPTSDになったという事件である。被害の大きさの違いから、慰謝料額に違いはあるが、これまでの同種の事件をめぐる和解金と比較して、極めて高いものとなっていることが共通点となっている。

 この二つの事件をつなぐ慰謝料高騰の背景には、これまで日本の慰謝料ではあまり考慮されてこなかった“懲罰的”な内容を含むという考え方が見えてくる。


なぜ、ワタミは高額な和解金を支払うことになったのか?

ワタミの件は、マスコミに取り上げられ、大きな話題となった。その理由の一つには、社長である渡辺美樹氏が参議院議員という公職にあることや、経営者としてマスコミへの露出も多かったことがあった。そして、そうした立場で「風評被害だ」などと発言し、完全否定を続けてきた。

 こうした派手なパフォーマンスが逆効果となり、マスコミからも叩たたかれることで、同社は2期連続で経営赤字に陥り、介護部門を売却せざるを得ない経営危機に追い込まれたという状況での和解であった。

 裁判では、労働法違反の数々が表面化した。全国の店舗で労働基準監督署から、残業代の未払いや、法律違反の残業をさせていたことで、24件の是正勧告と17件の指導票の交付を受けていることなどが明らかになったのだ。

 また、こうした労働法違反だけでなく、和解内容から様々な人権問題を抱え込んでいたことも浮き彫りになってきた。それは、無償で研修会やボランティア活動に参加することを指示して報告書を提出させたり、研修で冊子(「365日24時間死ぬまで働け」という文句で有名な「理念集」)購入を強制したりしていたという事実などである。

 こうした事実を背景に和解内容には「ホームページに謝罪を掲載すること、日本の司法では認められていない『懲罰的慰謝料』を事実上支払うこと」(「和解文書」より)が盛られることになったのである。

 まさに、ここで指摘されている「懲罰的慰謝料」という考え方こそが、ワタミ慰謝料高額化の背景と言ってもいい。

アデランスはなぜ高額な慰謝料を払ったのか
(中略) 

2: 以下、不祥事速報がお送りします 12:15:26.932 yabadoga.blogspot.jp
2: 海江田三郎 ★ 2016/04/03(日) 09:35:04.77 ID:CAP_USER.net
懲罰的慰謝料とは?

 アメリカの慰謝料が高額であることは、よく知られている。その事実が日本にショックを与えた事件は1990年代、三菱自動車工業のアメリカ子会社が起こしたセクハラ事件賠償金額である。被害女性従業員が約300人という集団訴訟ではあったが、総額3400万ドル(当時の為替レートで約48億6000万円)の支払いによる和解であり、日本人は驚かされた。

 アメリカでのこの高額慰謝料は、まさに「懲罰的慰謝料」という考えが背景となっている。「懲罰的慰謝料」というのは、実際の損失額への補償に加えて、企業に対する懲罰的な損害賠償を罰金的な発想で上乗せするという考え方である。アメリカでは、慰謝料の額で、そうした部分の占める比率は極めて大きいものになっている。

 これに対して、日本の慰謝料はあくまで「(現実の)被害を補てんすることが目的であり、制裁や予防を目的とはしていない」という、これまで最高裁の判断が示してきた考え方が基準になっている。そこで、一般に企業が損害賠償の責任を負うのは基本的に企業または従業員の故意または過失によって発生した災害や事故に対するものだ。具体的には、直接の行為者としての不法行為責任(民法709条)を負う場合とか、雇用主としての使用者責任(民法715条)によるものとされてきた。

 しかし、現実に起きた損害の補償はもちろん大切であるが、被害予防や働く人たちの人権に対する配慮も必要であることはいうまでもない。そうした考え方から、従来の労働災害などでの補償内容には、特に精神的な慰謝料などが含まれていないことがセクハラ事件などでは問題になってきた。

 つまり、これまでの企業の不法行為の責任を問うという考え方を基本にしながらも、その責任をより広く問うものとして、注意義務という考え方を入れて、職場環境配慮の義務を怠ったことを理由に会社が不法行為責任を負うとしたのである。

 こうした考え方は、まさにアメリカの「懲罰的慰謝料」という考え方と微妙に重なるものだといえる。現に、ワタミの事件では「懲罰的慰謝料」が明言され、アデランスの事件では、被害者が労働災害の認定を受けて、休業補償を受けていることからすれば、そうした休業による損失補てんという意味合いではなく精神的な損害についての高額慰謝料の請求ということになる。


日本の慰謝料の「安すぎた」リアル

 日本の裁判における慰謝料は、算出金額に客観的な数字の基準はないが、すでに触れたように、おおむね30万円から300万円程度が相場である。しかし、その一方で、表面化しない裁判以外の和解(行政・企業・組合などによる)ではすでに、1000万円や2000万円も現実にあることは周知の事実である(筆者にも1000万円を超えるセクハラ高額和解のケースに、行政の相談員として関わった経験がある)。

 このように私的な和解が進められる要因は、裁判での和解水準が低すぎるため、訴訟費用や費やす時間、体面などを考慮すれば、双方にとって合理的だという判断が働くからである。しかし、あくまで私的な和解であり、公にならないことが条件となっているからこそ高額の支払いに応じるという性格もある。

 そして、こうした場合の金額は、まさに被害者の「精神的に納得できる金額」という考え方に基づいている。場合によっては「相手が払える限度ギリギリの額」であり、「相手が困るくらいの金額」ということになる。これこそが、日本的な意味での懲罰的慰謝料の現実ということになるのかもしれない。

 これまでに見てきた現象は、こうした私的な和解の現実が、裁判和解などで表面化しつつあることの反映と見ることもできる。文化の違いもあるので、いきなりアメリカのような慰謝料の高額化が進むとは思わないが、むしろ私的な和解がホンネに近い解決であるとすれば、これから徐々に慰謝料の高額化が進むと思われる。

 懲罰的慰謝料を盛り込んだ慰謝料の高額化は、これまでは安すぎると言われ続けてきた日本の損害賠償の流れを変えることになるだろう。いわゆる「ブラック企業」や「セクハラ企業」が「労働基準法違反やセクハラは高くつく」という認識を持てば、間接的な抑止効果となることが大いに期待される。 

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1459643696/

39: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 13:34:30.07 ID:boyAvh5z.net
>>2
億もらえるなら、セクハラしてくれって思うけどな。 

3: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 09:46:33.21 ID:SSq7wbVb.net
高額か?
企業規模から見ても少額だと思うが 

4: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 09:54:12.73 ID:JsQnbjft.net
日本の賠償額は低額すぎんだよ
先進国レベルじゃねーぞ
企業のケツ舐めしてる政治屋ばかりだから仕方無えが 

5: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 09:55:41.21 ID:YJ/vN5Gg.net
和解だから、ビジネス的な思惑もあって高いんだろ 

8: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 09:58:52.99 ID:DJWTEt6S.net
アメリカの懲罰的賠償って あれ全部が被害者にいく額じゃねーぞ
なんかすごい勘違いしてるやつたまにいるけど
実際に被害者が貰える額は日本とたいして変わらん 

10: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 10:03:06.87 ID:xFdgi14x.net
>>8
いやいや大部分は被害者に支払われるよ
懲罰的損害賠償だからな 

17: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 10:41:54.18 ID:Un06mvvT.net
>>8
なわけねえだろ 

25: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 11:47:33.02 ID:4JWOIsET.net
>>8
半分は弁護士とかが持ってけど半分は確実に入るぞ?
ソース出してみろよw 

51: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 16:08:43.51 ID:OQ87Nu/U.net
>>8
で、何処に行くのか書けよマヌケ 

53: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 16:28:17.22 ID:93XN7jpZ.net
>>51
国庫に入るんだよ。 

9: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 10:01:20.21 ID:p8myK12U.net
それでもやたらと和民で飲み食いするのが団塊のバカお花畑世代

クソ団塊が若者を殺している 

11: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 10:04:41.88 ID:xFdgi14x.net
>>9
ああいう店は若い店員が奴隷のように動くからな
いえば何でもしてくれる
注文もひざまずいて聞くし
ダメな年寄りには心地良い 

13: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 10:10:19.61 ID:Lj/2LnAe.net
高額じゃねえよ。
アメリカなら100億ぐらい取られるぞ。 

26: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 11:48:19.39 ID:4JWOIsET.net
>>13
今まで300万で済んでたのに1億超えたから
これからもっともっと大きくなるよって警告だろw 

16: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 10:41:44.53 ID:gzsx9Zz0.net
障害・死亡による逸失利益の請求と考えれば安すぎるでしょ
得られたはずの給与収入と老齢厚生年金を勘案して、もう少し高くしてもいいくらい 

18: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 10:46:26.52 ID:DAn6y7OV.net
>>16
そこから、生きていたら通常かかる費用を引くんだよ 

19: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 10:51:48.06 ID:9m+eVP2z.net
ワタミの和解って自発的なものなのか?
自民の老人から「和解か議員辞職のどちらか選べ」って指導されたんじゃねーの 

20: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 11:01:44.04 ID:TxJXitt2.net
たぶん、ワタミ自身は、なぜ訴えられてるか、理解できてないと思う。
「俺は正しい事をしてるだけなのに!」 

21: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 11:19:51.36 ID:AX2T53V0.net
賠償額の懲罰的部分が国庫に入るならわかるかど個人が実際の被害を超える分を受け取ったら不当利得だろ
お子さんがなくなってよかったですねと言いたくなるわ 

23: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 11:35:10.92 ID:nMK2h1lh.net
>>21
高額を得られる事で訴えを起こす事を促進し
不正を抑制する狙いもあるんだろ
雀の涙のような金しか得られなければ
時間と金をかけてまで訴えるより泣き寝入りするしかないから 

24: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 11:42:26.18 ID:cTlo919E.net
>>23
弁護士費用を含む裁判費用までで十分
高い報酬が貰えなければ殺された子供のために裁判で戦えないなんて素敵な親にも程があるだろw 

31: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 12:21:44.41 ID:nMK2h1lh.net
>>24
つまり不正の抑止力としての懲罰的要素は必要ないと? 

34: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 12:29:12.27 ID:cTlo919E.net
>>31
抑止力としての罰金的位置づけなら被告がもらう必要はないと言ってるんだが
行き過ぎるて儲け話になるとクレーマーが増えそうだからその懲罰分は国が徴収すればいい
被告側はコストがかからず損害を埋め復讐もできるのだからこれで十分過ぎるだろ 

35: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 12:30:49.62 ID:MG9mBm9p.net
>>34
クレーマーが増えてるからこれからもっと大変だぞっていう警告 

37: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 13:01:23.50 ID:nMK2h1lh.net
>>34
なるほど、クレーマーの増加は問題だ

ただし不正を行う者にとってな

そもそも論としてクレーマーに突っ込まれるような状態を放置するなよってことでしょう
クレーマーの増加自体が不正の抑止力となるんだから、国が賠償金を徴収すると抑止力が弱まってしまう事になるよ 

40: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 13:39:28.72 ID:boyAvh5z.net
>>37
わざとぶつかって治療費払え、払わないとマスコミに売ると言ってくるチンピラとそれに乗っかるマスコミ相手にする企業は大変だ。
そのコストは価格に上乗せされて消費者に返ってくることになる。 

41: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 13:51:04.19 ID:nMK2h1lh.net
>>40
そういう輩なら裁判で明らかになるでしょ
それに現状、明らかに被告に悪質性が証明されてるから高額になってるわけで

究極的には不正を働く者が損をする社会と、のさばる社会、どちらがいいですか?と言うことだ
その為のコストと考えれば必要だよ 

44: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 14:06:11.10 ID:C9GSsuKm.net
>>41
裁判に至る時点で企業のダメージは計り知れない。不確かな情報でネットで袋叩きされる。後に裁判で事実無根と判決が出ても記事の扱いは小さい。

>究極的には不正を働く者が損をする社会と、のさばる社会、どちらがいいですか?と言うことだ

言いがかりクレーマーによって企業が取り返せないダメージを受けるのも「不正を働く者がのさばる社会」だよ。 

46: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 14:28:41.08 ID:nMK2h1lh.net
>>44
話題になるほどの問題に対して誠実な対応をしていればネット世論を味方につけられるし、逆にクレーマーが叩かれる
公正な企業としてイメージアップにも繋がる

企業も積極的な情報開示が求められるし
確かにそういった対策にかかるコストもあるだろう、が

そもそも訴えられる側にやましい事があるからそういった事態になるだけ
難しく考える必要は無い シンプルな話だ


俺も知りたいんだが訴訟大国アメリカで悪質なクレーマーが得をした事例を挙げてくれないか?
もしくは企業が誠実に対応していたのに大損害を負った事例でもいい
1つ挙げるだけ俺の論の反証になるぞ 

47: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 15:03:34.35 ID:CuLCDjJr.net
>>46
>そもそも訴えられる側にやましい事があるからそういった事態になるだけ
難しく考える必要は無い シンプルな話だ

やましいことがあろうがなかろうが、叩いて面白ければ叩かれる。2ちゃん見てればわかる話だ。

>俺も知りたいんだが訴訟大国アメリカで悪質なクレーマーが得をした事例を挙げてくれないか?

何故アメリカ限定なんだ?アメリカでもトヨタのプリウスの件はまさにそれだ。
それに裁判になってる時点で大損害なんだが?そして企業に損害を与えてる時点でクレーマーは十分楽しんで目的を達している。 

27: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 11:53:39.72 ID:E5Ddqm7f.net
サビ残やらざるを得ない状況の企業もどんどん
訴えて高額賠償請求すればいい 

28: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 12:03:24.91 ID:9UqIuX5j.net
>>27
そーだな出世できなかった奴はどんどん訴えたほうがいいw
早出やさび残やら持ち帰りなんてやるだけバカなんだよ 

29: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 12:13:42.71 ID:0/ZJSumJ.net
全然高額じゃないだろ 

30: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 12:18:46.30 ID:Xq3NQJtS.net
>>29
1人、2人じゃダメだろwそこは100人とか1000人単位で集団でやらんと 

32: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 12:24:22.04 ID:IQ1c1pqB.net
企業で1億だったらハナクソだろ 

33: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 12:27:19.47 ID:3TGRKTFC.net
>>32
鼻くそならもっと高くなるわなw
和解の意味わかってるか?訴えた側が納得しなきゃ
額なんて青天井なんだぞ 

36: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 12:59:59.69 ID:PEKTWcl4.net
どう見ても少額。
売上とか見てみろよ。
もっと取らないと懲罰の意味がないよ。 

42: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 13:55:21.11 ID:kfLSeBwN.net
>また、こうした労働法違反だけでなく、和解内容から様々な人権問題を抱え込んでいたことも浮き彫りになってきた。

その結果、逸失利益に加えて自殺に至るほどの精神的苦痛に対しての高額の慰謝料が発生したってだけで、懲罰的賠償金じゃねーだろ 

43: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 14:04:21.75 ID:Gfk8y3z9.net
愛建は小額で済んでるから同じ事を繰り返す。 

45: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 14:06:24.34 ID:Av0dWjpk.net
絶対値の金額じゃなく売上の割合とかで賠償しないと意味ないよなぁ。
同じ額でも、会社が傾きかねないのと、屁みたいな料率じゃおかしい。 

50: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 16:02:45.44 ID:xijQUrqi.net
今までが低すぎたのは明らか。
未来を考慮すればどんな被害でも一億では少ないとわかるだろう。

お店で詐欺にあってその場での被害は少額でも、後々どれだけの被害がついて回るかわからない。
企業はそれを考慮して高圧的なやり方で詐欺被害を取り下げするように持っていく。 

52: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 16:23:04.32 ID:HmcTuyhA.net
高額賠償とか書いてあるが、そんなに人間の命って安いのか?
大きな企業はその数十倍以上も人を殺してまで利益を得ている
そこまで恐れるなら会社で雇った人間に対して生命保険でもかけろよ
自殺したって生命保険でカバー出来るだろ?
安い賃金でアホみたく追い込んで利益が出ても手当てすら出さない企業ばかりでな
死なれて困るなら福利厚生で生命保険くらいかけてやれ糞が 

54: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 16:45:06.06 ID:JZau/42H.net
今回のはかなり強力な前例になるよなあ 

55: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 17:27:12.46 ID:N9Oq3orN.net
一億が懲罰?
懲罰的賠償つうのは
罰金のことだよ
今回とかただの民事訴訟じゃん。 

56: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 17:47:04.78 ID:lndErGfL.net
サイコパスに罰を与えても、何故自分が悪いのかと言うことは全く理解出来ないから、大金奪い取って痛い目に合わせるのは合理的 

57: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 19:28:49.57 ID:OiF8PNHI.net
ワタミが倒産するのが、一番好ましい 

22: 名刺は切らしておりまして 2016/04/03(日) 11:31:05.59 ID:DAn6y7OV.net
判決に基づく賠償額が不当利得ねえ・・・ 

0 コメント:

コメントを投稿